なまらいいんでない会とは

なまらいいんでない会は、北海道にゆかりのある人々、北海道が好きな人々の努力や思いによって培われた文化、ビジネス、諸活動の今を、様々な形態で応援することにより、北海道そのものの将来の繁栄に資する貢献をすることを目的に設立しました。

沿 革

なまらいいんでない会は、2016年2月任意団体として発足、同年5月より定例会(懇親会)、2017年10月より北海道勉強会を開始して皆様との交流を重ね法人設立の準備をしてまいりました。

経営方針

北海道を愛し、北海道を大切にし、北海道と人を繋げる

事業活動の全体像

『奉仕と共感』というキーワードのもと、「なまらいいんでない会会員、北海道を応援してくださる皆様」へご奉仕し、共感と協賛を得て会を発展させていきたいと考えています。

勉強会・定例会

勉強会、定例会を実施し親睦を深めています。
「なまらいいんでない会」の最大の特徴は北海道方言で喋る、または喋る努力をするということです。
北海道への入り口は言葉から。そのための仕掛け小道具も多数用意してます。

活動内容 *定例会 年4回 (2月、5月、8月、11月)
(初参加の方には「北海道方言トランプ」をプレゼント)*北海道勉強会 年4回(1月、4月、7月、10月)
* アクティビティ

北海道勉強会(学ぶ・発掘する・知らせる)

勉強会の開催は随時、以下にてご連絡しております。
北海道勉強会

北海道定例会(学ぶ・知らせる・人と活動を繋ぐ)

定例会の開催は随時、以下にてご連絡しております。
北海道定例会

なまらいいんでない会応援認定システム

北海道には皆に知らせたい優れもの、大切に残したい様々な歴史や奇跡の絶景、北海道愛があふれた人々の営み等がいっぱいです。本システムではそれらを発掘し、「応援認定証」を発行の上様々な形で応援するシステムです。
対象は必ずしも北海道内でのみの存在や活動のみとは限りません。道外における北海道と深いかかわりを持つ営みも応援対象として認定することがあります。
詳細は以下のページをご覧ください。
なまらいいんでない会応援認定システム

お問い合わせ

「なまらいいんでない会」にご興味ございましたらぜひ下記よりご連絡ください。